アコースティックギターの上達が早くなる3つのポイント

【1】1日10分

まずは、1日10分(2曲分くらい)でもいいので、アコースティックギターに触れる事を習慣にしましょう。さらにその10分間は集中してしっかり練習しましょう。

そうすることで、指先の強化になります。また、基本的なこどですが、日々の積み重ねがとても重要。「一回の練習量」よりも「毎日の継続」、継続は力なり。

 

【2】原曲よりもゆっくり弾く

練習し始めの頃は、想像より断然難しく感じ、一向に上達している感覚がでてきません。なぜかというと、技術が追いついていない状態で、原曲のスピードで演奏しようとしてしまうからです。僕も実際そうでした。なので、指がもつれたり、原曲の通り弾けていないジレンマで嫌になってしまいます。

そうなる前に、まずは原曲の半分のスピードで弾きましょう。そうすることにより、コードの切り替えが思った以上にスムーズにでき、とても上達が早くなります。

逆にコードの切り替えが慣れないままで、原曲のスピードで弾こうとすると上達が停滞します。

なので、指がもつれたりたり、練習に行き詰まったら、ゆっくり弾くことを心がけましょう。

 

【3】省略コードを使う

初心者で一番つまづくのがバレーコード。Fコードなどのように人差し指で全ての弦を押さえるア・イ・ツです。

このバレーコードのせいで挫折する方、した方が多いと思います。僕も投げ出したくなりました(^_^;) 慣れるまではどうしようもないので、練習あるのみ。

ですが、あまりストイックにバレーコード習得に取り組んでも、だんだん楽しむことから遠のいてしまします。

そこで、まずはアコースティックギターで一曲を通して演奏できる喜びと楽しさを重視するため、簡単に押さえることのできる省略コードを覚えましょう。

 

詳細はこちらから↓

⇒ 30日でマスターするギター講座 教本&DVD

TOPへ